すこしだけ
実習に慣れてきました。
今日はバイトが無かったので大分いいです。明日はまた頑張らなければ。
買い揃えたデルフィニアを黙々と読み進んでいます。爽快。それ以外になんと申しましょうか。こちらとあちらが年末の忙しさに追われていなければモリタさんのところへ駆けつけて残り全冊叩きつけネタバレ感想を語らいたいところなのですが、そうともいかないのがくやしい。くう。
書きたい。やはり、ものを書くからにはここを目指したいです。
なにもこれを書きたいわけではない。更に言えば似たようなものを書きたいわけでもない。読んでいる場面場面に置いて焦燥や期待、爽快感を味わうような。要は「おもしろい」ものが書きたい。この人の小説を読む都度、痛切にそんなことを感じます。
クラッシュ・ブレイズや暁の天使達シリーズとはまた別に、やはりこの作品は私にとって特別なもののようです。
なんといってもこのキャラクターが、わたしは好きなのだなあ
スポンサーサイト



【2005/12/14 23:42】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
Cantabile


  のびやかに、歌うように。            タイトルに反してのらくらだらだら

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メロメロパーク

フリーエリア

ハーボット

プロフィール

狩野宿

  • Author:狩野宿
  • 虚言・妄想・戯言・被害妄想が並じゃなく多いです。
    焦ったり面倒がったりまったりしたりしながら語彙と表現力の無さを嘆いています。
    そんな感じの修行中字書きです。